「待つ」ということも大切なアクション

「待つ」ということも大切なアクション

滋賀カウンセリング・スタイルの菊井ちえ子です。

子育ての相談を受けていると、決まって出てくるのが

「今、なんとかしないとダメになる」そんな言葉が出てきます。

このままずっと今の状態が続くんなじゃ無いだろうか

ちゃんとした社会人になれるのだろうか

(まずもってちゃんとした社会人ということ自体なんなのでしょう?となりますが・・)

親の不安は消えるどころか、子どもを見ていると

どんどん大きくなってきます。

だからこそ、「今なんとかしなきゃ」

という思いが大きくなるんですよね。

親の不安をなんとか打ち消したい、

そんな思いから子どもの行動を支配しようとしまいます。

(この支配というのは、意識的でなくても結果的にそうなっている ということの方が多く、ほとんど親は支配しているとは気づきません)

学校へ行かないのはいいよ、

でもね、それに代わる何かをやろうよ

学校へいかなくてもいいよ、

でもちゃんと朝起きようね

学校へ行かないのなら、

せめておうちの手伝いしてよ

いろんな条件をつけて、学校へいかないことを認めています。

ちゃんと私も認めているんだから、

あなたも応えてねという、無言のプレッシャー・・・

親はそんなこと気づかず発していても、

子どもはちゃんと言葉の奥にあるメッセージを感じ取ってしまいます。

そして、ますます動けなくなるというスパイラル

ちっとも私のことをわかってくれていない

そこに子どもの寂しさや不安がまた生まれます。

親の不安は、「早くなんとか」という思いから次は行動へとかわります。

そして出てくる言葉は

「これやってみようか」

「ここにいってみようか」

「これがいいんじゃない」

「がんばらばくてもいいよ」

「ゆっくりしたらいいよ」

「がんばらなくていい」って言ってるのにそれもダメなんですか?

ちゃんと子どもに聞いているのにそれもダメなんですか?

ちゃんと質問はしていますでも、その質問は

親である私が聞きたい答えのための質問じゃないですか?

親はいつも結果を求めます。

だから、答えが見える質問をしてしまいがち

つまり答えのあるところにショートカットしすぎちゃうのです。

だから、子どもの気持ちがついていかないし、

わかってくれないとなるのです。

今の子どもの状態はどうなのか?と見てみることが大事

「がんばらなくていいよ」という言葉は、

本人が「がんばれない」と言ってからはじめて発する言葉

「これ やってみようか?」は何か「やってみたい」

という気持ちを確認できてからの言葉。

必ずその前に、聞く言葉があるはずです。

子どもの心の声を聴くことですよね。

心の声を聴くための言葉は、とても難しかったり、

逆に言いたくない言葉、聞きたくない言葉であったりします。

でも、その言葉を丸ごと受け止めてあげたとき

親への信頼感が生まれるのです、

この信頼感が何よりも前に進む力を与えてくれるのです。

この子に今必要なことは なんだろうと

一生懸命方法を考えるとき

「待つ」ことも大切な一つのアクションなんだとわかってください。

ショートカットして、答えを先に見つけてしまうと

「早くその答えを言って~」という気持ちになります。

子どもの心の声を「待つ」ということは 

自分自身が先走る気持ちを待つことにもつながります。

子どもたちは言います、「それは私が決めること」って・・・



■滋賀カウンセリング・メルマガ「悩んだときの心の処方箋」

lhttp://www.mag2.com/m/0000273027.html

■滋賀カウンセリング・スタイル HP

http://info840.wix.com/shigacounseling

カウンセラー菊井ちえ子

夫婦不倫問題カウンセラー 滋賀カウンセリング・スタイルの一員として2014年よりカウンセリング活動を開始。子育て家庭の問題から、最近は夫婦問題の悩みを多くお聞きしています。不倫をしている、不倫をされた両面から不倫に悩む人へのサポートをしています。

0コメント

  • 1000 / 1000